金融業に借金すると特別扱いは無い

お金を借りるのは信頼出来る人にまず相談したりします。親だったり、親友だったり、身近な人に相談しがちなのですが、個人では貸して貰えなかった場合は、やはり企業にお金を借りるしかありません。

 

 

 

それで金融業に借りる事をしたとします。金融業は色々な種類がありますが、銀行、信販会社、消費者金融業などに借金をすると思います。

 

 

 

個人にもしも借りていたのなら、ちょっと今月1万円足りないから、来月多く払えるから待って欲しいと言う事は出来ると思うのですが、企業に借りた場合はそれはどうしても不可能になります。

 

 

 

企業は自分の事しか考えてないわ、ちょっと位待ってくれても良いのに、せこいわっと思うのではなくて、それが企業のシステムなのです。

 

 

 

仕方のない事なのです。何らかの法律に乗っ取って行っている業務なので、キチンと約束した日にちや金額を払う義務が生じてしまうのは仕方のない事なのです。

 

 

 

残酷で残忍なやり方だと言うのでは無くて、全国共通の、社会的な範疇の規律通りなのです。それは、もしもしょうがないから待ってあげるわっと企業がいちいち対応する事になると規律が保てないで皆がそうするからなのです。

 

 

 

だから金融企業に対して借金をした場合は、どうしてもちょっとだけ待って欲しいと懇願する事はまかり通らない状態になってしまうのです。金融業に借金すると誰に対しても、特別扱いは無いのです。