強引に借金を迫ってくる人

世の中には気が優しい人と、普通な人と、気が荒い人といます。この種類の中でお金を貸してくれそうな人と言えば気が優しい人だと思います。

 

 

 

そして、気が荒い人は気が優しい人の組み合わせでは、気が荒い人が気の優しい人に借金を頼み、断っても、半ば強引に無理矢理でも貸せっと迫ってくる恐れがあるでしょう。

 

 

 

気が荒い人は気が優しい人に対して頭から勝てる言いくるめてやるっと舐めて掛かっているので、言うたら貸すだろうっと、考えずに飛び付き自信過剰にさえなっていると思います。

 

 

 

無鉄砲で図太い対応になり横暴に対応して、人を見下した様な対応をして、モラルも無く衝動的にびびらせば、何とかなるだとっと思っているのです。

 

 

 

気が優しい人は、あんな対応をするくらい、そこまでやっているのは、きっとよっぽど困っているのだとうっと、良い解釈をしがちです。それでお金を貸してしまうのです。

 

 

 

気が荒くない人でも普通の人でもこんな対応をしてお金を借りようとする人もいます。それは強引に借金を迫らないと、借りれない代物だからなのです。

 

 

 

お金なんてそう気軽にホイホイ貸して貰えないと解っているから、無遠慮にやみくもに暴走して、やけくそで言わないと希望が叶わないと解っているからそうしてしまうのでしょう。

 

 

 

しかしそれは、勝手な思い込みで間違った判断です。衝動的に動いても、貸さない人は1円たりとも出さないでしょう。

 

 

 

お金を借りるのは当たり前の話ですが、他人の持ち物を借りるのですから、礼儀正しく頭を下げて相手の懐に飛び込むように懇願して言わないと誰も貸す気にならないでしょう。