債務整理の種類について

債務整理の種類についてご紹介します。全部で主だったものは3つあります。

 

一つ目は民事再生です。この債務整理方法は何と言っても家を手放さずに住宅ローン以外の借金を減額できるところが大きなメリットです。この債務整理の方法をとるには地方裁判所に申し立てをすることです。

 

そのために専門の弁護士さんをさがします。しかし誰でもこの方法が取れるわけではなく、継続的に収入見込がある人に限られています。住宅ローンを除く1/5を3年間で返済します。

 

二つ目は任意整理です。この債務整理は裁判所を通さずに双方どうしで利息や債務の減額を交渉します。多くの場合過払い金があるのでそういった不当な分は払わなくてよいので、以降利息をカットしますよと和解してくれます。

 

3つ目は自己破産です。この債務整理は返済がどうしても不可能という人が借金を帳消しにしてもらえるものです。しかしその分弊害も大きく、家や車などの一定の財産は渡さなければなりません。

 

イメージとして年金がもらえなくなったり、選挙権がなくなったりなど連想させますが、それは間違いで実際は最低限度の権利は保障されます。ですので破産することで全てのものが失われてしまうわけではありません。

 

今借金返済で苦しんでいる方々、一度弁護士さんに相談してみましょう。まずは第一歩です。