お金の大盤振る舞いは自慢

お金を余分にも必要以上に出したがる人と言うのは、相手に自分自身を過大評価して欲しい意味もあると思います。

 

 

 

大盤振る舞いをしてお金をいっぱい出す人は、お金を持っているのよっと言う表現をしたいのでしょう。

 

 

 

お金を出している振る舞いで自慢しているのです。そんな人は物質主義者の人でありお金を尺度で測る人でしょうし、お金があるのは偉いっと思っている人でもあるでしょう。

 

 

 

自分自身を取り繕っているのです。この場に置いてもてはやされたいとか、一緒に居る人にお金を持っているからこそ偉いんだとか、身分を高く見て欲しかったり、チヤホヤして欲しかったりという裏面を持っている人です。

 

 

 

格好ばかりで中身が無い人かもしれません。もしくは中身を認めて欲しいが為に、お金と言う道具で大盤振る舞いをして中身があるんだぞっと言いたいのかもしれません。

 

 

 

そんな人は、自分で自身を高める手段をお金だと解っているので、大盤振る舞いをしても良いと思います。

 

 

 

何故ならば、お金があるのだから出して良いと思うのです。お金が無いのに、大判振る舞いをしているのでは無いのならいっぱい出すと良いと思います。

 

 

 

何故なら誰もマイナスにならないからです。全ての人がプラスになるから良いとおもうのです。